小顔矯正の施術を受けるための心構え

フェイスラインによって、顔の大きさの印象が変わったり、全体的なスタイルの印象も変わってきます。フェイスラインは、ダイエットをしても脂肪が落としにくい部位ですが、フェイスラインがすっきりとしない原因として、脂肪以外にも骨格に問題がある場合があります。あご骨の横幅が広かったり、エラが張っている、頬骨が出ているなどの場合には、ダイエットをして脂肪を落としても、すっきりとしたきれいなフェイスラインが出にくくなります。骨格に原因がある場合には、美容整形外科などで小顔矯正手術を受けることが最も効果的な方法です。骨格などのバランスを整えることで、希望通りのすっきりとしたフェイスラインを作ることができます。クリニック選びを慎重に行うことが大切です。

小顔矯正手術の種類と方法について

フェイスラインをつくる美容整形手術には色々な方法あります。簡単なものの場合には、フェイスラインについている脂肪を溶かす注射を打つという方法です。脂肪溶解注射は、注射だけで処置が終わるので短時間で、手術後のリスクも少ないのが特徴です。しかし、骨格に原因がある場合には、効果が期待できないので骨格の修正手術が必要となります。骨格の修正には骨削りが必要です。骨削りの手術は、行うことで劇的な変化を期待することが出来ますが、医師の技術力が未熟な場合には、左右差がでたり、手術後の傷跡が目立つなどのリスクが伴います。手術後には、腫れや内出血などの症状が続くので、ダウンタイムが長期間必要となります。スケジュールの調節も慎重に行う必要があるので、計画を立てて行いましょう。

小顔矯正手術におけるリスクと注意

美容整形手術には、どの部位においてもリスクは必ず伴います。その中でも、骨格の修正などの、骨を修正する手術にはリスクが大きくなるので、しっかりと把握してから手術に挑むことが大切です。骨削りには、皮膚を切開して骨の修正を行っていきます。医師の技術力が未熟な場合、切開後の皮膚に傷跡が残ってしまったり、左右で仕上がりの差が出てしまうということがあります。また、神経などを傷つけてしまうと、麻痺が残ってしまったりというリスクもあります。クリニックの衛生管理がきちんとされていない場合、傷口からの感染症のリスクもあります。クリニックや、医師の情報をしっかりとチェックして、信頼できるクリニックを選ぶことが大切です。また、アフターフォローの体勢に関しても注意深くチェックしましょう。